Skip to content

十分な保水が望まれる

たびたび顔を洗ってお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない皮脂の埋め合わせをしようと多く出すようになるのです。洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、洗顔は適度を守るようにしてちょうだい。

洗顔の後は化粧水で十分な水分補給することを忘れずに行っていくことが大事です。敏感肌対策のスキンケアを行う場合には、肌の乾燥を予防するため、十分な保水が望まれます。保湿するためにはいろいろな方法があります。保湿に特化した化粧水やクリーム等が豊富に揃っていますし、化粧品にも保湿効果の高いものがあります。

保湿に適したセラミドが使われているスキンケア商品を使うのもいいはずです。

私の母が朝洗顔するときは、ソープや洗顔フォームを用いません。母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけでいいと、石鹸不用説をよく私に語ってくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずピカピカしています。ぽこっとしたオナカが気になったので、友達に勧められてファスティングに、ついにチャレンジしてみました。

その結果、ウエスト6cm減の目標を達成しました。でも気になることもあるんです。リバウンドしないよう気をつけて、運動して睡眠もとっていたのに、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。せっかく痩せたのに、残念です。

きれいになるはずが、なぜこうなった?。

と思いますよね。とりあえず普段は酵素を飲向くらいにとどめ、スキンケアを優先しようと思います。女性の喫煙者の数は、男性に比べると減りが鈍いそうです。

肌がなめらかでいられるのは、皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の毛細血管のはたらきが良いからです。

しかしニコチンをふくむ色々な有毒な物質が体の血流を阻害するため、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。表皮の保護機能が低下し、真皮にダメージが届きやすく、いわゆる肌が老化した状態になり、シワが出てきて、顔の印象の変化が本人にも自覚できるようになります。禁煙は難しいかも知れませんが、「減煙」したからといって皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)へのダメージは変わりません。美肌が欲しければ喫煙はやめておいたほうが良いでしょう。

ここ最近話題の一日一食健康法ですが、どのくらいアンチエイジングに効果が期待できるのかと思う人も多いのではないでしょうか。オナカがすいた状態になるとホルモンの分泌量が増すとされていて、それに起因するアンチエイジング効果があるといわれています例をあげていうと女性ホルモンが増えると、シワ、たるみができるのを予防することなどです。エイジングケアではコラーゲンの取り入れがとても重大な事だと思います。コラーゲンは素肌のハリやツヤを生み出してくれます。若い頃のような素肌にするには、コラーゲンが必須です。コラーゲンが十分に入っている食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)やサプリメントで補完するのがエフェクティブなようです。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされると言われることもあります。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしては一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血行をよくしてくれるゼラニウムは、くすみに有効です。マッサージに利用するのは持ちろん、スチームの容器に何滴かたらして利用してみてはいかがでしょうか。

愛好家の多いコーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれる成分であるカフェインは、シミの一因になるとも言われています。肌のいろいろなところにシミを拡散させる結果となったり、長年にわたってカフェインを摂取していると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。それから、緑茶に含有されるタンニンもシミにとって良くないとされる成分であるため、この頃、シミが増えてきたかも、という方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、肌が薄くなります。刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、いずれは真皮のタンパク質の構造に強く影響が表れるようになります。表皮と真皮の機能が破綻すると、肌を下から支える土台が脆弱になり、回復できなかった皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の緩みがシワになるため、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。