Skip to content

真皮もダメージをうけてしまう

いろいろなスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかも知れません。たとえば蒸気ほわほわのバスルームから出たときや、洗顔料で洗ったばかりの素肌は吸い付くようにしっとりしているものです。でもそれって、表面だけなんです。

雨が降ったアトに急に乾いた泥はヒビ割れが生じますが、それと同じこと。

シワや乾燥の原因を造りやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあるんです。

上手く使えば絶好の保湿タイムである洗顔直後は、間違っても鏡の前で「あ、ニキビ」などとどまったりしないよう気をつけてください。

タオルで拭いたら低刺激で潤い効果の高い化粧水で保水ケアしましょう。

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に造られた模様のことをいいます。キメが細かくよく整った肌は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。真皮がダメージをうけてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷をうけることで肌は支えを失い、表面にはシワが可能です。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せずスキンケアを全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。

シワがなぜできるのかというと、その原因は紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)や乾燥による肌へのダメージによる理由ですが、そのダメージが日々積み重なっていくことがじわじわと肌に影響を与えます。なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

お肌に先天性のシミ、色素沈着、アザなどがあって、昔から多くの方の悩みの種になっていました。

生まれつきだから治療しても消えないと思っている方が多いのですが、現在の医療はまあまあ進んでおり、完全に消えなかったり、跡が薄く残る場合もありますが、シミやアザなどを薄くできるケースがほとんどです。

顔のシミやアザを何とかしたいと思う方は、専門医に相談することをお奨めします。

または、シミなどが消えた、薄くなったという体験談を治療する前にできるだけ調べてみましょう。

お肌に現れたシミに悩んでいる方は多いと思います。肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つにはちみつが挙げられます。

はちみつの含む成分により染みついてしまった色素を薄くする効き目が期待でき、気になるシミとかそばかすなどを目立ちにくくしてくれるでしょう。

お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方は身近な食材であるハチミツという手がありますよ。

試してみるといいかも知れません。お肌に出来てしまったシミが気になる場合、まずは日頃のスキンケアによってお悩みを解消したいと思う方も多いでしょう。しかし、それでは解決しない時はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるのです。それに、エステサロンの中には特殊な光線を用い、シミ対策を行っている店舗もありますが、皮膚科なら、もっと強力なレーザー光線による治療で気になるシミを綺麗にすることが可能です。他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってありませんか。

美容室に勤務するユウジンに言わせると「38歳がヤマ」なのだそうです。服装が急に中年になる理由ではないので、やはり違いは服の本人自身でしょう。夜あそびしていないのに疲労を翌日に引っ張って、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるころだと思うのです。それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、なぜだか急に、復活しなくなってくるのです。「最近忙しいの?」と聴かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。心配なので化粧直しの回数も増えました。

確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。お肌にある濃いシミの治療として効果のある方法は、皮膚科や美容形成外科で行なうレーザーやピーリングなどの専門技術による治療です。これらの治療の利点としては効き目がすぐに確認でき、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できることになります。自分でシミを消したい場合は、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてあるシミ対策に有効な治療薬を使用するか、ハイドロキノンという美白成分入りの化粧品などを使うことでケアできるのです。

肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、時節の変わり目には気をつけなければいけません。

特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないため大小のシワが発生しやすく、最近では目の周囲の炎症が悪化して眼科を受診する人も増えています。肌の手入れを念入りに行ってもこのような症状が出てしまうのなら、スキンケアを見直すことも大事です。

目のまわりのお手入れには、天然オイルを使うと良いようです。

天然オイルにも鉱物系・植物系、精製・未精製といった種類があるようなので、そのときのコンディションによって使い分けると良いでしょう。

年齢を感じさせるシワやたるみが出来る原因として、乾燥は、まあまあ手強い存在です。うるおいが不足してくると細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわができやすくなります。目尻や目の下は顔の中でも代謝が少ない部分なので外部からの刺激に弱く、もっとも早く皺ができる場所と言われています。

若いころにくらべるとコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が減るため、全体的に毛穴が目立ってきたり、シワやたるみが生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。