Skip to content

母の肌は65歳には見えない

私の母は、顔を朝洗う時、洗顔フォーム類は使用しません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。母は、洗顔のときに石鹸や洗顔フォームを使うと、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけでかまわないという石鹸不必要説を頻繁に話してくれます。

そんな母のお肌は65歳に見えないほどピカピカしています。毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。毛細血管の末端のあたりは狭まって詰まってしまうので、肌の細胞の隅々まで栄養や酸素は行き届かなくなります。表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、その働きを弱めます。このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、結果としてシワやたるみが増えていきます。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良いでしょうね。洗顔を終わらせた、その後の10秒間は実は肌にとって大変大事な時間だということをご存知でしょうか。

お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、ちゃんと洗顔をした後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっているのです。短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。洗顔したら、手早くタオルで水気をとって肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。

肌を手入れするとき、乾燥シーズンは注意が必要です。

特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などはシワやシミが出やすく、乾燥して過敏になり腫れてしまうこともあるのです。一度こういった状態になってしまうと、あとからリカバリするのは難しいため、早めのお手入れをお勧めします。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルをプラスしてあげると良いでしょう。

肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるので肌と相性の良いものを使用するようにしてちょーだい。肌が敏感な人は、ダブル洗顔のいらないメイク落としなどで洗顔すると、肌に不要なオイルが残らずに済みますし、キリッとします。どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるいお湯で軽く洗い流すくらいにとどめておきましょう。デリケート肌は、肌の状態が変化しやすいので、その変わり方に、状況に合わせて対応していくことが大事なのです。肌にできてしまったシミが気になっている女性も多数いることだと思います。

肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つにはちみつを紹介しない訳にはいきません。はちみつが含んでいる成分にはシミの色素を薄くする効果があるので、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを目立たなくしてくれるのです。シミにお悩みの方は身近な食材であるハチミツという手があるんですよ。

試してみるといいかも知れません。

肌トラブルで困っている事はありますよね?トラブルのない美しく強い肌にしたいと思うのであれば肌トラブルの元をきちんと突きとめて対策を練ることが重要です。

睡眠不足やストレスが原因の事も多々ありますが、アレルギーによるトラブルだっ立という事もあります。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると夜あそびしていないのに疲労を翌日に引っ張って、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が客観的にもわかるようになってきます。それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、立とえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、アラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、「最近忙しいの?」と聞かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。

心配なので化粧直しの回数も多くなりました。

自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。肌荒れにいいお肌のケアのやり方のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとりさせることの二つです。

洗顔についての注意事項ですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして洗顔するようにしてちょーだい。顔にしっかり水分を含ませてから、ちゃんと泡たてた洗顔料をのせて、泡を利用して洗うようにします。

洗顔がついたままにならないように、ちゃんととすすぐことも大事なのです。ニキビというのは、結構悩むものです。ニキビが出る時期というのは、たいてい思春期(女の子は7歳から11歳くらい、男の子は9歳から13歳くらいであるとされています)になりますから、気にかかってしょうがなかった人も多いのではないかと思います。ニキビはできる前の予防も大切ですが、薬で治すことも出来ます。薬屋に行き、薬剤師に相談をしたりすると、合う薬を教えてもらえます。