はんこの種類または使い分けやその内容

  「はんこ太郎」へようこそ!


当ホームページは普段からよく使われている印鑑やはんこ、また印鑑やはんこの

重要性かね必要性などを紹介しています。

 はんこには種類あふれる様々なものがあり、またそれにともなって使い方もそれぞれ

   になります。こちらではそんなはんこや印鑑を学んでいきましょう♪

はんこの種類

みなさんが普段使用しているはんこにはいくつか種類があるのをご存知ですか?

もちろん種類があるということは、それぞれ使い分けがあるということになります。

そこでこちらでははんこの種類を紹介するとともに、使い分けやその内容のほうを紹介したいと思います。

実印

実印とは、はんこの中でも最も大切なものではないでしょうか。

実印は「本人であること」を確認するためのはんこであり、その人の権利や財産を守る重要な役割を持っています。

自分の今住んである市町村の役場で、きちんと登録したものになり、登録されたものでないと実印とはいいません。これは法律で決められているので法的な効力もあります。

また実印は基本的には姓名を彫ったもので、女性の場合は姓が変わることもあるので名前のみを彫って使用する方もいます。そうすると一生使えるので安心ですよね。

またいくら家族でも他の人と共用で使うことは認められていません。

実印は個人のものとして使用しましょう。

認印

認印とは、個人私用に最も使われるはんこになります。

例えば郵便物や個人的な書類のサインなどをするさいは、この認印を使用します。

この認印は今や色んなところで安く手に入るため、日常生活には欠かせないはんことなります。

銀行印

銀行印は銀行で口座を開くさいや、定期預金を引き落とすさいなどに使われます。

この銀行印ははんこを銀行印としてきちんと登録しなくてはなりません。

引き落としを行うさい、きちんと登録されたはんこでないと降ろすことができません。面倒くさいとは思いますが、あなたの財産を守るためです。きちんと登録し保管するようにしましょう。

角印

角印は会社などで多く使われ、領収書や請求書などに使用されます。

角印は会社名のみを彫ります。今や最もビジネスにおいて使われているのが角印ではないでしょうか。

割印

書類の関連性を示すために、2枚以上の文書に使用するはんこになります。

訂正印

文章の語句を訂正したいときに使用します。

大切な書類は一度書いてしまうと文章を訂正するために、修正ペンで消したり上から塗りつぶしたりすることは

できません。ですから修正する場合は訂正印を押してから、その隣から書き足す形になります。

会社実印

会社実印とは、会社を設立するさいに必要なはんことなります。

法務局へ設立登記としてはんこを登録しなくてはなりません。このはんこは会社において各契約を結ぶさいに

重要となってきます。一般的には代表者などの個人名はいれず、会社名のみになります。

役職印

役職印とは、会社やNPO法人などに勤める方で、役職があるかたのはんこをいいます。

例えば会社の取締役が所有するはんこを「代表取締役印」または「取締役印」といいます。

またNPO法人などに勤める理事長などは「理事長印」や「理事之印」といいます。

recommend

ソフトバンク
http://www.softbank.jp/

Last update:2014/10/23


 
 当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。

 バナーが必要でしたらこちらをお使いください。なおリンクを貼るさいのご連絡は不要となって

 おります。

 copyright(c) 2009 『 はんこ太郎 』 all rights reserved.