はんこの押し方とその用語の意味

  「はんこ太郎」へようこそ!


当ホームページは普段からよく使われている印鑑やはんこ、また印鑑やはんこの

重要性かね必要性などを紹介しています。

 はんこには種類あふれる様々なものがあり、またそれにともなって使い方もそれぞれ

   になります。こちらではそんなはんこや印鑑を学んでいきましょう♪

はんこ豆知識

はんこにもいろんな種類があります。と言うことは使い方がいろいろあるということですよね。

そこでこちらでははんこの豆知識として、はんこの押し方とその用語の意味を紹介したいと思います。

 

割印(わりいん)

割印とは、書類の関連性を示すために、2枚以上の文書に同時に使用するはんこになります。

また同じ契約書を2枚以上作ったときにも、これらは同じ契約書ですよと言う意味でこの割印が使用されます。

それは契約書がもともとは同じ原本から写されたものであり、もともとは1枚だったという表し方です。

よくなにかの書類なんかで、はんこが半分から割れているものを見かけたりしませんか?

そうです。そのはんこのことを割印といいます。


契印(ちぎりいん)

「ちぎりいん」と読みます。

この契印は契約書などが、何枚か複数になる場合、これらがすべて一つの契約書であることを証明するため

のはんことなります。

契約書や書類がホッチキスなどでとめられて綴ってる場合、その見開きの部分にこのはんこ(契印)を押します。

多少づれや歪みがでたりしますが、一つの印として押されるものなので、それは問題ありません。

またこの契印がないとのちのち催促されたり、書面を追加されたりするので、契約書が複数になる場合は忘れず

押すようにしましょう。

 

捨印(すていん)

契約書などの文書に誤字や脱字、または訂正があった場合、訂正印が必要になってきますよね。

いったん書類を提出してしまった以上、訂正のためにもう一度受け取りなおすことは失礼にあたります。

提出先が会社の近くであるのなら、少しはましかと思いますが、これが県外や離れなど遠かった場合、

送料がでたりで手間がかかってしまいます。

そうならないために、この捨印があります。

捨印とは、契約書などの書類に訂正箇所が出た場合にそなえ、あらかじめ訂正印となるはんこを欄外に押し

、このはんこで訂正を行うというものであります。

そうなると、後日訂正印をもらいに行かなくても済みますし、送料などの手間もはぶけます。

がしかしいったん便利な方法ですが、この捨印を添付することによって、書類の内容が書き換えられていたり、

消去されていたりなど、悪用される場合というのもないとはいいきれません。

ですので、信用ある取引会社や銀行などは心配いらないとは思いますが、不安であればやはり契約書じたい

に捨印をおさないでおくか、訂正があってこの捨印を使用したときには、前もって連絡をもらうように依頼して

おいたらいいと思います。

消印(けしいん)

消印とは、文章と印紙(切手など)にまたがって押すはんこのことをいいます。

例えば、ハガキや手紙などは切手を貼らないと相手に届きません。その為に切手を貼るのですが、その

切手もお金を出して購入するものです。ですので、同じ切手を何度も使用できたら、切手を買う方がいなく

なりますよね。そうなったら郵便屋さんの利益はまったくなくなってしまいます。

ですからそんなことがないように、はがきや手紙、または郵便物などの切手の部分に再使用をふせぐために

この消印を押します。

止印(とめいん)

止印とは、契約書などの書類に、空白あるいは余白がある場合、後日その書類に文章が書き足されたり、

訂正されたりしないように、契約文章の一番最後の文に押すはんこのことをいいます。

「以下余白」などの文章を書き足すことも、この止印と同じ意味をもちます。

pickup

Last update:2017/1/23


 
 当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。

 バナーが必要でしたらこちらをお使いください。なおリンクを貼るさいのご連絡は不要となって

 おります。

 copyright(c) 2009 『 はんこ太郎 』 all rights reserved.