はんこの重要性と使い方の注意

  「はんこ太郎」へようこそ!


当ホームページは普段からよく使われている印鑑やはんこ、また印鑑やはんこの

重要性かね必要性などを紹介しています。

 はんこには種類あふれる様々なものがあり、またそれにともなって使い方もそれぞれ

   になります。こちらではそんなはんこや印鑑を学んでいきましょう♪

はんこの重要性

皆さんははんこがいかに大事か分かっていますか!?

一度押してしまったはんこはもう消すことができません!どんなに後悔したってもう遅いのです。

はんこを押すということは、その契約内容をよく理解し、認めたということになります。

大事な契約の前にはパワーストーンブレスレットを眺めて、じーっとながめて落ち着いて下さい。

例えば何か会社と契約を結ぶとしますよね、そのさい必ず必要となってくるのがはんこになります。

それを押すということは契約内容を理解し、それに応じましたよ。という証拠となるわけです。

ですので契約内容をよく読みもしないのにはんこを押してしまうと、

あとあと「こんなこと聞いていない」や「知らなかった」などでは一切通りません。

そうなってしまった後では幸運のブレスレットも形無しです。


また実印や銀行印などは自分の大切な財産として大切に保管しときましょう。

これらを偽装して悪用する犯罪者も決して少なくはありません。

もし盗まれたり、偽装されたりしたら、他人があなたになりすましてあらゆることに使用するかもしれません。

例えば不審な取引を行ったり、知らない契約にはんこを押してしまうかもしれませんよね。

そういったことを防ぐために、はんこはきちんと大切に保管しなくてはならないのです。

特に銀行印や認印は家の分かりにくい場所に保管しましょう。

万が一泥棒に入られたら持っていかれる可能性は大大大大です!!

またその際の注意点として、印鑑と身分証明書、また預金通帳などは絶対に同じ場所に置いてはいけません。

必ず別の場所へばらばらに置くようにしましょう。


また考えられないのが、銀行印を普通の認印として使っている方!!

わたしの友達にも何名かいたのですが・・・。

確かに銀行印はどんなものでも使用することは可能ですが、銀行印を認印と一緒にしてしまうと、

認印は個人使用に最も使われているものなので、むやみに押す機会が多くなってきますよね。

そうなると書類を使ってはんこを偽装したりなどの、悪質な犯罪に巻き込まれたりします。

実際に郵便物に押された印鑑を利用して偽装のはんこを作り、数百万円を銀行から盗まれたという事件も

発生しています。自分は安心だろうと考えはまずなくしましょう。

またよく使うとしてカバンに入れていたりすると、盗まれたり、なくなってしまったりしますよね。

そうならないためにも、銀行印は認印と一緒にしてはいけません。

銀行印は銀行印としてだけご使用下さい。


パワーストーンを印材にした、パワーストーン印鑑は

まだまだ高級で気安く手に入れることはできません。

しかし幸運を運んでくるハンコだけに、普段から使いたいと思ってしまうのも事実。


また最近では100円ショップもかなり充実しているためはんこの普及もかなり目立ってきましたよね。

そうなると簡単に手に入ってしまうため「Myはんこ」として利用している方もおり、ついつい銀行印としても

使ってしまうとういうケースも多々でてきます。

なぜ100円ショップのはんこを銀行印に使用してはいけないかと言うと、そのような印鑑は見ても分かるように

大量生産されており、同じ苗字がいくつもならんでいますよね。

そうなるとこのはんこを銀行印としたら、同じものを買えばその人の財産を手にいれることができるからです。

怖いですよね・・。いつ悪用されるか分からないので、100円ショップのはんこを銀行印に使用するのは

やめましょう。

2017/3/30 更新


 
 当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。

 バナーが必要でしたらこちらをお使いください。なおリンクを貼るさいのご連絡は不要となって

 おります。

 copyright(c) 2009 『 はんこ太郎 』 all rights reserved.